ケルト音楽と謎めいた文化 > ロックとの結びつき > ジャガイモ飢餓
 
 <目次>ロックとの結びつき
 

ジャガイモ飢饉

19世紀にアイルランドで深刻な飢饉が起きます。アイルランド人はイングランドの支配によって、小作農として貧しい生活を強いられていました。小麦はすべてイングランド人の地主に納めねばならず、ジャガイモを主食としていたアイルランド人ですが、ジャガイモの疫病が発生し、大飢饉が起こります。飢えによって10年間で150万人が亡くなったとも言われ、多くのアイルランド人が土地を捨て、新天地アメリカへと旅立ちました。
 
 
タイタニック号の悲劇は有名な話ですが、乗船していた人々の多くは新天地を求めてアメリカに旅立ったアイルランド人だったそうです。アイルランド人は何も持っていませんでしたが、アメリカに歌と踊りをたずさえて行きました。
スポンサードリンク

ケルト音楽
 アイルランドの音楽
 アイリッシュ音楽のアーティスト
 ロックとの結びつき
 
ケルト文化
 ケルトの神話
 アイルランドに残るケルト
 アイルランドの神話・伝説
 アイルランド周辺に残る伝説
 日本とケルト
 
運営者情報
 プロフィール
 関連サイト
    
 
Copyright(c)  ケルト音楽と謎めいた文化 2008-2009 All Rights Reserved